投資で成功するための心構え

投資で成功していくための心構えについて話していきたいと思います。これは私の体験談。20代、30代中盤くらいまでは「儲ける」ことばかり考えていたのだがたいして儲かりませんでした。「自分は資金が無いからレバレッジをかけよう」という思想はほぼトラップでした。収益がついてきたのは「儲けよう」と思うのではなく「金持ちになりたい」と願い、意識を変えて行動するようになってからのことです。

儲ける為にはまずは意識を変える事。本当に儲ける事ばかりを考えて焦っても全然儲かりませんから。そもそもそこまでお金を儲けなきゃと焦る事もないのです。儲けようと焦るぐらいならば「金持ちになりたい」と念じて「金持ちになるために何が今できるか?」を考えて行動にうつしてみましょう。

野心を持ち金持ち予備軍になれ

「出世したい!」「成功したい!」「活躍したい!」サラリーマンや企業家、スポーツ選手には大いなる野心を抱き、その分野で生きるための心構えを若い頃から持っている人が多いのだが、投資家で明確に「金持ちになりたい」と野心を抱き、投資家としての心構えを持つ人は少ない。それ故チャンスなのだ。投資初心者の方は、必ず野望を持ってくださいね!まずは「金持ちになりたいと思う事」です。これが結構大切なのです。この気持ちが無い人はお金持ちにはなかなかなれません。大丈夫。殆どの人は金持ちになりたいと願ってないですから、あなたは「金持ちになりたい」と願った瞬間から少数の金持ちをめざす「金持ち予備軍」になっていきます。

学歴は不要

投資家として成功する為に知識は当然必要だが、学歴や才能は必要としません。むしろ知ったかぶりは失敗の元。必要不可欠なのは投資家としての心構えです。学生時代に勉強して得た知識は投資においてはほとんど役に立ちません。高学歴で投資が成功するのであれば世の中の東大卒は全員お金持ちになっているはずですが、現実は違います。心構えさえあればあとは実務あるのみ。転職市場で実務経験者が強いのと同じで投資家でも投資家として実務経験を積んだものが強いのです。退場せず長いキャリアを積むことが最も大切です。

記録を怠るな

投資に際して記録は絶対にした方がいい。何故なら記録をつけないと人間忘れてしまうからだ。忘れてしまった場合経験が生きない。記録をきちんとするという事は経験を生かすために準備をすることなのだ。投資成績の良い人は必ずと言っていいほど記録をつけている。記録は投資成績を向上させるのです。投資をするときは記録は絶対にしましょう。人間案外すぐに忘れます。とくによかった時のことは結構覚えているのですが、〇〇ショックがおこって大損した話とかは忘れやすい。投資したときの感情を記録に残していれば、次に投資するときにいかせますよ。過去どんな気持ちで投資した銘柄が、成功しているのかが分かるようになっているのですから、次に生かせますよね。

優待狙いのルール

優待銘柄狙いのルールは下記の通り。極めてシンプル。下記の条件を満たす会社の株を購入し、あとはひたすらホールド。それだけでよい。難しい理屈など全くない。ルールは3行でいい。まずは一番簡単な優待狙いからはじめて株式市場というものをしってみるのも手かと思います。

条件:優待+配当利回り3.5%以上

基本をおさえよう

昔の自分は基本的なことができていない。投資もスポーツも基本が重要。

①調べれば分かる事は自分で調べる。
②他人の見解は「何故そう思うのか?」が重要。
③状況を把握したら理由を探る。
④何故投資したかをメモに残す。
⑤失敗経験を前向きにとらえる。
⑥他人のせいにしない。
⑦裏をとる。

私だって18年前はただのど素人投資家。数年前までは悩める投資家だったのです。本を何度も読んで勉強した結果今があります。ちゃんと調べる事はとても重要なのです。

初心者が良書を見分ける事は難しい

お金を儲けたくて仕方なかった若いころは投資に関する本をたくさん読みました。しかし本の通りに買って大損することが多かったのです。その過程で、インチキな投資本が投資本全体の95%を占めていることに気付きました。結局「良書を極めること」が最良だったのです。本の信頼性を疑おう。そして必ず洞察しましょう。良書を選択せずダメな本に従って行動していたら、パフォーマンスも最悪になりますので要注意。このブログの読者にはあまりそういう人はいないと思いますが・・・。

わかりやすいものを選ぶこと

わかりやすく好きな会社の株に投資するのが基本。社長の名も知らず、よくわからない会社の株はなかなか信じ続けることができない。一方、優待株、好きな製品を扱っている会社の株であれば、分かりやすく信じ続けることもできる。結果的に継続して投資することにより大きな利を得ることが出来るのです。結局よくわからないものって信じつづける事が出来ないのですよ。だから継続も出来ない。よくわからないのだったら「よく知る」か、よく知っている分野の株に投資をした方がいいと思います。

多くの個人は自称長期投資家

いわゆる自称長期投資家は頻繁に見かけるが、実際問題として3年以上の長期保有をする投資家は滅多にいない。本当に少ない。「長期保有します!」と宣言した翌日に売るような人がたくさんいるのだ。時間もかけず、能力もない人が簡単に成功するほど市場は甘くない。長期銘柄はわかりやすいものを選べ!私自身も昔、自称長期投資家でした。3年株を持つのは結構大変な事です。殆どの人が出来ないと思います。最初は誰でも初心者。私もいろいろなことができるようになったのは相当後のことなんです。まずは基礎。基本を押さえてくださいね。基本さえ押さえていれば「百戦危うからず」ですよ。