個別株への永久投資は難しい

個別株、特にNYダウ銘柄に永久投資するというのは本当に難しいのです。1928年から現在まで、ダウに連続してずっと採用されている銘柄っていくつぐらいあるとおもいますか?答えは0種類 つい最近までゼネラルエレクトリック(GE)が採用されていましたが、そのゼネラルエレクトリック(GE)もついにダウから除外されドラッグストア大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが新たに加わりました。

バリュー株に永久投資をすることは結構夢物語なのですよ。ダウ指数には連続性があるのですが、指数に連続性はあっても銘柄の連続性ってないのですよね。ダウ平均には最高価格銘柄と最低価格銘柄の比率のルールがあり、最も弱いものが除外されます。S&P500もそうです。厳しい競争にさらされ、M&A、入れ替えがあり、銘柄の連続性はない。ただし指数には連続性があり最高値をどんどん更新してきています。指数の構成ルールが良いのです。だから上がりやすい。最強と言ってもいい。指数のETFに投資するのは理にかなった方法です。指数が強いですから。ではダウに戻ります。これらのダウ銘柄のいくつかを1928年からバリューバリューと永久ホールドしていたらどうなったでしょうか?適当に10銘柄ピックアップしてホールドしていたら?

当初のダウ構成銘柄

アライド・ケミカル
アメリカン・カン
アメリカン・スメルティング
アメリカン・シュガー
アトランティック・リファイニング
ゼネラル・レールウェー・シグナル
ベツレヘム・スチール
クライスラー
GE
GM
アメリカンtbcB
グッドリッチ
インターナショナル・ハーベスター
インターナショナル・ニッケル
マック・トラック
ナッシュ・モータース
ノースアメリカン
パラマウント・パブリックス
ポスタム・インコーポレーテッド
レディオ・コーポレーション
シアーズ・ローバック
スタンダードオイル・オブ・ニュージャージー(現エクソン・モービル)
テキサス・コーポレーション
テキサス・ガルフ・サルファー
ユニオン・カーバイド
USスチール
ビクター・トーキング・マシーン
ウェスティングハウス・エレクトリック
ウールワース
ライト・エアロノーティカル

これらの銘柄をみてください。あなたはご存知ですか???

現時点でのダウ構成銘柄

【現在の採用銘柄】は下記のようになっています。

ベライゾン
トラベラーズ
3M
デュポン
マイクロソフト
インテル
ジョンソン・エンド・ジョンソン
IBM
GE(ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスに変更
シスコシステムズ
マクドナルド
シェブロン
キャタピラー
ボーイング
メルク
P&G
アメリカン・エキスプレス
ホームデポ
ファイザー
ユナイテッド・テクノロジーズ
ユナイテッド・ヘルス
エクソン・モービル
JPモルガン
コカ・コーラ
ゴールドマン・サックス
ウォルトディズニー・カンパニー
アップル
ビザ
ウォルマート・ストア
ナイキ

まとめ

変な銘柄を選んでしまっていたら沈んでしまうことがお分かりいただけたかなと思います。個別銘柄への永久投資ってものすごく難しいんですよ!ドラッカーが企業の永続性の重要さについて常々言及していたのは、投資的な側面から見ても大切だということが、このダウ構成銘柄の変化をみればお分かりいただけるかとおもいます。私自身ダウ開始時の銘柄は殆ど知りませんでしたから。30年40年という時間が経つうちに産業構造や流行りの業種なども変わってくることがこれを見ればよくわかるはずです。積み立てはETFのほうがよいと私が考える理由はここにあります。





<広告>