バリュー株投資とグロース株投資を私がはじめた理由

「高配当株投資」や「バリュー株投資」が好きな方は多いですよね。やはり割安なものを購入しているような気持になるので、初心者がチャレンジしやすいのでしょうか?投資にも様々な手法があります。投資に正解というのはありませんので、自分にあった投資方法で儲けられるようになるのが、イチバンよい事は言うまでもありませんが、今回は何故私がハイテクグロース株に投資するようになったのか?その理由について書きます。私も初めはバリュー株投資家だったのです。ではなぜ、グロース株投資に転向したのか・・・?結論から先に言うと、グロース株投資のパフォーマンスが他のどんな投資法よりも圧倒的に良いため、高PER米国グロース株(ハイテク株)に投資するようになりました。最初は私もそのへんにたくさんいるバリュー株投資家のひとりだったのです。

グロース株のパフォーマンス

グロース株のパフォーマンスはモノによってはとんでもなく良いんですよね。たとえばAmazon(AMZN)のパフォーマンスは半端じゃありません。S&P500を圧倒的にアウトパフォームしています。安値から18年間持っていれば300倍以上。とんでもないパフォーマンスです。50年100年という長期で見た場合は分かりませんがすくなくとも、20年という時間軸で見た場合、グロース株に投資する事は利にかなっているのではないでしょうか?もっともそのグロース株がまともなグロース株であることが前提になりますが・・・・。


さきほど申した通り、元々私はバリュー投資家でした。そして投資戦略も逆張り。割安に見える株、たたき売りにあっている銘柄を買いました。しかし何年たっても全然成果がでませんでした。


「まともで堅実な高配当株を買っていのだ。堅実なはずだ。」

「逆張りで安く買い増せば良いのだ。たくさん買えるし一石二鳥だ。」

「買っている銘柄は全て優良株だ。」


と思って逆張り投資をしていたのですが、逆張りは意外と難しい。そして私の場合、成果が出ませんでした。無配に転落してしまったり、減配したり株価がさらに下がったりと中々結果が出ません。そう。そもそも「逆張り」すること自体がとても難しいのです。逆張り株を評価する事はさらに難しい。

難しい逆張りの評価

これは会社での評価などでも同じです。逆をいっている、成果が出ていない人を評価するのは非常に難しいのです。例えば、あなたが会社の社長だとしましょう。


・圧倒的に期待を上回る成果を出し続けるA君

・一応成果は出すが、概ね期待通りのB君


あなたはA君とB君どちらの給料を昇給させたいと思いますか?そしてどちらに期待しますか??PERは期待値のようなもの。伸びが大きく期待を上回る決算を出し続けるとどんどん上がっていきます。一方期待外れであれば下がります。

まとめ

おわかりでしょうか?圧倒的に期待を上回る成果を出し続けるA君に投資するのが順張りの投資。B君に投資するのが逆張り投資になります。トレンドをフォローしていく方が簡単な上、自然なのです。「逆張り」と「順張り」のどちらがいいのかは人によるとは思いますが、私は「どちらが良いか?」と問われたら私は「順張り」と即答します。何故なら順張りのほうが楽だからです。逆張りはかなりの忍耐力を必要とします。さらに復元力がない株に投資してしまった場合、回復は難しい。あなたの投資方法はいかがでしょうか?もし逆張りにこだわってしまっているのであれば、投資方法を見直すことでまた新たな見方ができるかもしれませんよ?





<広告>